カメラを持つ男性

多様な種類がある

今ではカメラひとつにとっても様々なデザイン、サイズ、カラー、形のカメラが存在します。
それらのカメラをよりうまく使いこなすために必要なものがカメラストラップです。
カメラストラップには、手に巻くものから首に掛けるタイプまで様々な種類があります。自分の持っているカメラにより合うものを選ぶことでカメラより快適に楽しく使いこなすことが可能になります。
基本的にデジタルカメラなどのコンパクトなカメラに使われる事が多いカメラストラップには、ネックストラップやハンドストラップ、フィンガーストラップが挙げられます。
それらに比べて、一眼レフなどの大きめのデザインのカメラに使われるカメラストラップにはグリップストラップや速写ストラップがあります。
他にも防水カメラやビデオカメラに使うフローティングストラップなどがあります。

基本的に市場に出回っているコンパクトなデジタルカメラに使われることが多いのがハンドストラップとネックストラップです。
ネックストラップは、首からかけるタイプのカメラストラップで、カメラを落とす心配もなく安心して持ち運べることから人気です。
ハンドストラップは手首に巻くタイプで、かばんに入れて探す時に便利で長めのものを邪魔と感じる人に人気が高いです。
デジタルカメラに加えて一眼レフなどの大きめのタイプにも使われるのがショルダーストラップです。
これは肩かけタイプのストラップで、かばんの様にカメラを扱えておしゃれなうえ、大きめのカメラに関してはネックストラップよりも肩掛けにすることで重さを感じにくいことから多く利用されています。
また、今ではストラップもおしゃれに特化して様々なデザインが販売されているため、その日の気分や出先、ファッションに応じてストラップを変える人も少なくありません。

よりカメラをしっかりと撮りたい人に愛用されているカメラストラップにはグリップストラップや速写ストラップがあります。
グリップストラップは、主に一眼レフなどで多く使用されているストラップで、手でカメラをつかむ時に滑らないよう固定する短めのストラップになります。
このグリップストラップを利用することによって撮影するときのブレを軽減することが可能です。
動きのあるものを撮ることが多い人に使用されるのが速写ストラップです。このストラップは、グリップしたまま上下へスライドさせることが可能なストラップデザインになっています。
他にもフローティングストラップというものがあり、これは、防水デジタルカメラに主に使われる事が多いタイプです。
このフローティングストラップを使用することで、万が一水中にカメラを落としても沈む心配が無いので水辺での撮影も安心してカメラを使用することができます。

価格帯は様々

多様なカメラストラップが販売されていますが、その価格も様々です。比較的安い値段で購入することができるものにはハンドストラップやネックストラップが挙げられます。場合によっては100円均一で購入することもできます。

素材も多様

カメラをおしゃれの一部として取り入れる人が多くなってきているため、カメラストラップの素材やデザインも多くの種類が存在します。最近ではストラップに革を用いたデザインや有名ブランドが手がけたカメラストラップもあります。

カメラと同じブランド

カメラによっては、持っているカメラのブランドと同じブランドが販売しているカメラストラップを選ぶ人もいます。カメラと同じブランドが販売ものは、よりよい写真が撮れるような機能をもつストラップが多いです。